ZHENJIANG IDEAL OPTICAL CO., LTD.

  • フェイスブック
  • ツイッター
  • リンクイン
  • YouTube
ページバナー

ブログ

遠近両用レンズに慣れるにはどうすればよいですか?

慣れる方法累進レンズ

1 つのメガネで、近視と遠視の両方の問題を解決します。

中高年になると目の毛様体筋が衰えて弾力がなくなり、近くのものを見るときに適切な湾曲を作ることが難しくなります。これにより、入射光の屈折が減少し、焦点の調整が困難になります。

これまでの解決策は、遠用用と読書用の 2 つのメガネを用意し、必要に応じて交互に使用することでした。ただし、この方法は面倒で、頻繁に切り替えると目が疲れる可能性があります。

https://www.zjideallens.com/elevate-your-vision-with-the-innovative-134-progressive-lenses-featuring-photochromic-product/

この問題はどうすれば解決できますか?理想的な光学を紹介します累進多焦点レンズ、1 つのメガネで近視と遠視の両方に対応し、この問題を効果的に解決します。

理想の光学製品累進多焦点レンズは、中央の視覚チャネルに沿ってレンズ度数が変化するのが特徴で、さまざまな距離に対応するために近用レンズ度数を追加します。この設計により、焦点を調整する必要性が軽減または補正され、近距離、中距離、遠距離まで継続的で鮮明な視界が提供されます。

老年人渐进片

レンズには 3 つの主要なゾーンがあります。上部の遠用ゾーン「遠用ゾーン」、読書用の下部の「近用ゾーン」、その間の「累進ゾーン」で、この 2 つの間をスムーズに移行することで、鮮明な視界も実現します。中距離で。

見た目は通常のレンズと変わりませんが、どの距離でも鮮明な視界が得られるため、「ズームグラス」という愛称が付けられています。

特に40歳以上の人に適しています。目をよく使う医師、弁護士、作家、教師、研究者、会計士など。

技術的な内容が高いため、理想的な光学 プログレッシブ遠近両用メガネとフィッティングデータの厳格な要件のため、快適さのためには正確な測定が非常に重要です。不正確なデータは、不快感、めまい、近視の不鮮明さを引き起こす可能性があります。

したがって、潜在的な問題を回避するには、専門の検眼医にこれらのメガネを正確に測定してフィッティングしてもらうことが不可欠です。


投稿時刻: 2024 年 4 月 3 日